住宅購入の流れ

計画・イメージ構想

マイホームを注文住宅で建てると決めたら、その為のイメージを構想し、資金の計画を立てましょう。
このイメージ構想は家族全員で行なうといいでしょう。
家族全てが過ごしやすい住宅作りの為にはとても必要な事です。
決めた構想を、依頼する業者に伝えながら話し合いを始めていきます。
業者によっては得意とする工法が異なるので、理想とする空間作りに適していない事もあるでしょう。
例えば、間仕切りのない広いリビングを求めていても、業者によっては、間に支えとなる柱がないと実現する事が無理な事もあるのです。
住宅を建てる時に妥協は禁物です。
自分が求める空間を作る事がこの業者で可能かどうかもきちんと判断してから契約しましょう。

デザイン設計

ハウスメーカーや工務店で注文住宅を建てる際には、住宅内に備え付けられる設備や内装や外装の仕様を選ぶ事が出来ます。
全体的なデザインは自分で行なう事が出来ますが、そういったものを要所、要所、選んで備え付ける事が出来るのです。
設計事務所で注文住宅を建てる場合は、基本の設計を行った後に細かいデザインも含めた実施設計を進めていきます。
こういった設計は数ヶ月の期間を要する場合もあります。
その間に、さらに細かく自分の要望があれば伝えておく必要があるでしょう。
自分の住宅になるので遠慮は無用です。

建設作業

建売住宅にはなくて、注文住宅にあるメリットの1つに、住宅の建設現場を見学できるというものがあります。
建設現場を見学する事で、細かい建設内容を自分の目で確認する事がメリットがあります。
また現場で働く人に話を聞く事で、住宅に関する新たな情報を得る事が出来る場合もあります。
注文住宅は最初から住宅を作り上げる為の工程を踏んでいく必要があるので、時間が掛かるものです。
完成に向かっていく過程をみるのはとても楽しいものでしょう。